コウモリ駆除だけじゃない!鳩駆除業者は被害状況から予防方法を使い分ける

コウモリ駆除と鳩駆除は被害が出る前の予防が大切

鳩の予防は段階に合わせて行なう~鳩駆除業者は正しく判断する~

コウモリ駆除の場合は侵入経路を塞ぐことで予防が行なえますが、鳩駆除の場合は段階に合わせて予防方法を変える必要があります。段階ごとの特徴を紹介するので、自宅にいる鳩がどの段階に当てはまるか確認してください。

鳩被害の段階について

初めは短時間で飛び立つ

まず、羽休めの場所としてベランダなどに降り立ちます。明るい時間帯に来ることが多く、被害も少ないため侵入を許す人も少なくありません。しかし、この段階で安全だと判断すると次の段階へ進むため注意が必要です。

滞在時間が長くなり始める

休憩所として使用したときに安全だった場合、除々に長く滞在するようになります。複数で降り立つことも多く、この頃から糞などの被害が現れます。特定の場所に糞が多く見られるなら、そこを居座るポイントとして見ている証です。

ねぐらとして使われ始める

しばらく待機しても安全だと認識すると、次に鳩はねぐらとして使用し始めます。そうすると夜になっても出て行かないことが多く、一日中滞在するようになるため騒音や糞害、臭いなどの被害が酷くなります。

巣を作る

ねぐらとしてしばらく使用した後にはついに巣を作ります。この段階になると自分で追い出すのは難しく、鳩駆除を依頼することになります。簡単な予防方法だけでは効果が薄く、追い払っても何度も戻ってきます。

自分で段階を見極めるのは難しいかもしれませんし、判断が正しかった場合でも予防の効果が得られないかもしれません。鳩駆除業者に予防を依頼するときちんと状況を判断して適切な対処を行なうので予防効果が高くなります。

TOPボタン